.

カードの強制退会というのは名前が表す通り有無を言わさずクレジットを失効(停止)されてしまうこと。没収になった場合にはクレカはその時点から、絶対に使用できなくなります。強制没収となってしまう理由は色々:クレカを一方的に没収となるパターンは色々あります。一般的には毎日の購買において決済するなど普通にクレジットを切っている際においてはあなたが失効扱いとなってしまう原因などそうないため心配しないで欲しいですが、没収となりうる原因に関して頭に入れておくということによりクレジットカードがなお安全に使用できるようになると見込まれるため、ここではそのひとつの例に関して記載していきたいと思っています。兎にも角にも言えるものはカード会社に向かって信頼がなくなってしまう愚行をしたり、クレジットカード発行会社にとってのマイナスとなりうるような対応をせずにいれば、失効などはないと言えるでしょう。安全に使用するということが最優先ですのですでにそのような行動をとった心当たりのおありの読者はこれからは十分信用される履歴とするよう精進して欲しく思います。そもそもクレジットのお金を支払いしない・・・こんなことはもう言わずもがなの対応ではあるのですが、クレジットカードで使用した請求をカードの会社に支払いをしない請求額の踏み倒しをしてしまう、または借金生活によって請求額の返済が滞るといったケースには必ず失効となってしまうことになるでしょう。そもそもカード会社はユーザーを信用してクレカを契約しているわけであるから、あなたが支払いを履行しない限りそこまでの信用残高は完璧に壊れてしまうでしょう。このような理由でクレカを没収することにより後の損害を防ぐ対策をする必要があるから、没収となってしまうのです。