.

未返済金が存在しているクレジットの契約失効手続きを行う際も注意→分割払いまたはリボルビング払い借入金等のローン残高についての支払いが依然として完了していない状況にも関わらず無効化という行為をしようとすると、ごく自然な事とも言えますがクレジットの使用不可能化とともに返済残額に対して一度に全額返済を要求される場合もあります(要するに精算が未完了のお金を使用不可能化したいという意志を持っているならば一気に弁済してくれと催促されます)。資金に余裕がある状態だということであれば問題は起こらないと考えらますが手持ちがあまりない時期に解約などをしてしまうのは向こう見ずすぎると言えてしまうのであるから、まず支払いが達成されてから使用不可能化を開始するほうが間違いがないと思います。使用不可能化時には一体どの程度お手元のカードを購入に使用しているのかを気を抜かずに見極めた後に使用取りやめに及んで下さい。契約失効手続きのための支払いというものが必要なクレジットもあるので注意しよう…昨今、かなり特殊な状況に限られてはいますが一部のカードでは使用取りやめにかかるお金に類するものが生じてしまうときがある(少数のマスターカードにおいてのみ)。特殊な場合と言えるため一顧だにせずとも問題ないけれど、使用登録してから定められた期日より前で機能停止を行うケースに関しては使用取りやめ手数料が入り用になるシステムとなっていることもあり、このような使用取りやめにかかる金額を無駄遣いしたくないという意向をお持ちならば、規約にある日数以上きちんと期日を全うしてから使用取りやめに及ぶようにする方が余計なお金がかからなくて済みます。余談ですが安心してほしいのは、そういった状況は機能停止に臨んだ場合に顧客対応窓口の応対者から告知ないしは注意といった類いのものがぬかりなく伝えられることがほとんどです。予告無しに一方的に契約失効手続きにかかるお金が引かれてしまうというハプニングはあり得ないことですので、気軽に使用不可能化を窓口に相談してみて、自分が持っているクレジットに契約失効手続きのための支払いが支払いの義務があるかそれとも必要ないか調査して下さい